満員電車での通勤にうんざりしているビジネスマンの中には、
自由気ままな自転車通勤に憧れを感じる人も多いのでは? 

寒さも緩み、新生活が始まるこの季節は、新たに自転車通勤をスタートするには
ぴったりのタイミング。とはいえ、自宅から会社までの距離がどれくらいなのか、
勤務先近くで自転車をどこに停めればいいか、そもそもどんな自転車がいいのかなど、
わからないことは多々…。
 
そこで、今回は自転車通勤の先駆者である疋田智さんに、
“自転車ツーキニスト”になるためのあれこれを伺ってみました。

画像: 『自転車生活の愉しみ』(朝日文庫)をはじめ、自転車関連の著書を多数持つ自転車ツーキニストの生みの親、 疋田智さん。学習院大学生涯学習センターで自転車講座も持っている

『自転車生活の愉しみ』(朝日文庫)をはじめ、自転車関連の著書を多数持つ自転車ツーキニストの生みの親、
疋田智さん。学習院大学生涯学習センターで自転車講座も持っている

自転車通勤歴がなんと足掛け20年以上の疋田さん。そもそも、自転車通勤のメリットとは?

「なにより、満員電車に乗るストレスがないことです。
代わりに、体を動かして気持ちよく出勤できるので、朝から頭もよく回ります。
始めた当時、私は仕事に追われてひどく運動不足だったのですが、
自転車通勤を1年しただけで体重が84kgから67kgになりました!」
(疋田さん・以下同)

心も体も健康的なのは、確かに自転車通勤の魅力。
では、実際どのくらいの距離が自転車通勤可能な範囲なのでしょう?

「まずは1時間以内の通勤時間で通えるかが重要ですはじめは1時間で漕げる距離=15km程度が目安となります。私の場合、電車で50分ほどかけて通勤していたのですが、自転車でも35分で通うことができました。都内なら自転車は意外と早く移動できるんです」

電車通勤の1時間と比べ、自転車通勤の1時間は、日々さまざまなことを体感できることも魅力だそう。木々が色づくのを見て季節の移り変わりを感じたり、思わぬお店や公園を発見したりすることもあるのだとか。

「近年は都心のオフィス街にも駐輪場が増え、自転車が走りやすい道路の整備も進んでいます。
さらに、昨年の12月には『自転車活用推進法』という新たな法律が可決されました。
これからは、より自転車の走りやすい環境が整っていくでしょう」

道具も社会も、自転車通勤をしやすい環境はすでに整いつつあります。
ならば一歩踏み出してみよう! と思えますが、
三日坊主にならないよう長く続けるためのコツは何かありますか?

「無理をしないのが一番です。天気が悪い日や体調が悪い日は乗らなくていい。
とにかく自転車との楽しくない思い出を作らないことがコツ。
愛車との楽しい思い出をたくさん作ってください」

さらに、気持ちよく、長く続けるには、お気に入りの一台を見つけることも重要なポイントの
ひとつ。難しく考えず、好みの色やデザインで選ぶのがよいそう。

「昔と比べると、手頃な価格でもいい自転車が手に入るようになりました。
初めの一台には、クロスバイクがおすすめです。オフィスに持ち込めて駐輪代がかからない折りたたみ自転車も便利ですね。はじめから高価なものを買わずに、少しずつパーツを買い足してカスタムしていくというのも楽しみの1つ。あとは、車道を走る恐怖心を払拭するためにも、ヘルメット、バックミラー、LEDライトの三種の神器は、自転車と一緒に必ず揃えましょうね」

さて、そんな自転車ツーキニスト入門者を応援してくれるのが、
サイクルベースあさひの自転車「OFFICEPRESS SPORTS」と「OFFICEPRESS MOVABLE」。
まさに、20~40代のビジネスマンの通勤自転車に最適な2台です。

「OFFICEPRESS SPORTS」は、手頃な価格で通勤に必要なさまざまな装備が揃ってしまう自転車通勤入門者に最適なモデル。
ビジネスバッグが収納できるワイドなバスケットやLEDライト、汚れをしっかりブロックする泥よけを標準装備し、購入した翌日からすぐにでも自転車通勤が始められます。

また、「OFFICEPRESS MOVABLE」は、クロスバイク特有の走行性の高さに折りたたみ機能を加えた欲張りなモデル。折りたたんでオフィスやアパートに持ち込めるため、駐輪スペースを気にする必要がなく、盗難の心配もありません。

さあ、満員電車に別れを告げ、気持ちを新たに“自転車ツーキニスト”の仲間入りをしてみては?

画像: 「OFFICEPRESS SPORTS(オフィスプレス スポーツ)」 通勤用自転車に必要な装備がすべて揃ったフルスペッククロスバイク。ビジネスバッグが収納できるバスケットやLEDライトを標準装備。前後21段変速を搭載し、あらゆる通勤路に対応する(税込販売価格:3万9980円)→詳細はこちら http://www.cb-asahi.co.jp/officepress/

「OFFICEPRESS SPORTS(オフィスプレス スポーツ)」
通勤用自転車に必要な装備がすべて揃ったフルスペッククロスバイク。ビジネスバッグが収納できるバスケットやLEDライトを標準装備。前後21段変速を搭載し、あらゆる通勤路に対応する(税込販売価格:3万9980円)→詳細はこちら
http://www.cb-asahi.co.jp/officepress/

画像: 「OFFICEPRESS MOVABLE(オフィスプレス モバブル)」 ポータブルに折りたためる利便性と、高い走行性能を併せ持つ折りたたみ式クロスバイク。オフィスやアパートなど駐輪設備に不安があっても、コンパクトに収納できるので問題なし(税込販売価格:6万9980円)→詳細はこちら http://www.cb-asahi.co.jp/officepress/movable/

「OFFICEPRESS MOVABLE(オフィスプレス モバブル)」
ポータブルに折りたためる利便性と、高い走行性能を併せ持つ折りたたみ式クロスバイク。オフィスやアパートなど駐輪設備に不安があっても、コンパクトに収納できるので問題なし(税込販売価格:6万9980円)→詳細はこちら
http://www.cb-asahi.co.jp/officepress/movable/

疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」http://melma.com/backnumber_16703/

サイクルベースあさひ|http://www.cb-asahi.co.jp/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.